2009年01月20日

Positive - acknowledge

私が研修医だった頃の話です。

医局の同僚や先輩医師と共にレストランに行って、その店を観て感じた事や思った事をみんなで言い合う「観点観察」の小勉強会をした事があります。(もちろん夕食を兼ねてなのですが^^)
するとなぜか悪い事柄の発見ばかりの発言が続きました。先輩医師に「観察とは参考になる良い事を見つける事じゃないか?」と言われて、初めてみんな良い事柄に真摯に目を向けられるようになりました。

人間は生理的か心理的か、良い事より悪い事のほうに目が向きます。また、悪い事のマネも広がりやすく、マネしやすい悪いクセがあるようです。困った経験法則ですが、子供も悪い遊びや言葉をすぐ覚えます。何かの目的で参考になるものを探さない限り、日常生活では悪い事に目が向く傾向があるようです。

例えば、旅で素晴らしい大自然に触れたり、スター選手のファインプレーを見たり、素晴らしい芸術作品鑑賞したり、恋人の優しさにふれたとき等々、感激したり感動します。そんなときは、無条件で素直に良いところに目が向くのに・・。

可能な限りでいいから、目的意識を持って、もっともっと思考をポジティブに変換していかなければなぁ、と思うこの頃です。
posted by jiji at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月10日

青年式

もうすぐ成人式です。
当医院のスタッフも、今年成人を迎えるということではりきっていました。(考えれば、まだ成人していなかったのか..と思わせるほど考え方がしっかりしたスタッフさんなんですが。)

因みに、私の成人式の頃は、大学2回生で解剖学実習の真最中でした。知人から(え、そんな長い時間かけて解剖をするの?)と聞かれたことがありますが、解剖学実習は、1人の御献体を数ヶ月間かけて丁寧にみていきます。おりしも、そんな実習で年をまたいでいた私は、この時期がくると、何故か今でも必死に解剖をしていたときのことを思い出してしまいます。

成人式は元来“青年式”と云われ、「大人になったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝い励ます」ことを主旨として、戦後に発祥したものだそうです。

思っていたよりも新しいものなんですね。

今年成人する皆さん、おめでとう!
まずは、育て、大きくしてくれた親や大人達に感謝..ですよ^^
posted by jiji at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月08日

成長の糧

先日、患者さんがこんなことを言っていました。
「やぁ、歯医者さんは変える気しないね。ここ(内藤歯科医院)はもう30年近く来さしてもらってるかな。」

(30年・・私とほぼ同い年じゃない・・)

私も「そうなんですね、長くにわたり有難うございます!」と笑顔でお返ししましたが、内心はすごいなぁ・・と驚きました。そういえば医院の3F(当医院の診療室は2Fです)に昭和53年の建造礎があったような・・そう考えてみれば私が生まれた頃から、この場所にここはあって、今も変わらず地域の患者さんと診療を通して繋がってるんだなと懐深く思いました。

先生、先生と言われ毎日診療をしていると、つい“自分はこんなことができる!”“こんなことを知っている!”と誰もなりがちな生業ですが、自分の思いの届かないところでたくさんの人が色んな関係で繋がっていて、その中にいる自分の歴史はまだまだ浅く、これから学ばせて貰うのは寧ろ自分なんだなぁ・・と感じた一言でした。

『日々から成長の糧を見つけよ。』
そんな自己啓発をしながら、今日も頑張ります。
posted by jiji at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月05日

2009年

あけましておめでとうございます!
もう2009年なんですね。

去年は何だかんだと忙しくした一年でしたので、
昨年12月に立ち上げたブログも今年からの書初めと
なってしまいました。
(幸先も良いので、もしここにこられる方があれば
応援してくださいね^^)

内藤歯科医院での出来事はじめ、自分やスタッフ、患者さん
との触れ合いのなかで成長していくことなどを書き込めたら
なぁ・・と思います。

どうぞ宜しくお願いします。

-----------------------------------------------副院長こと“ jiji ”-----------
posted by jiji at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記